地球環境の正常化を! "里海イニシアティブ"


ホーム >> 活動報告



ブルーカーボン活動報告



スローフィッシュ2018 in マリーナプラザ

6月2日(土)/横浜・鎌倉スローフード協会主催のシンポジウム
今回は新たに「スローフィッシュ部会のキックオフミーテイング」として開催された。 おさかなかたりべでもあり主催者の斉藤融氏の日本の水産の話から始まり、岩手県からがワカメの養殖について石川豊氏、山形からはだ しの話を玉谷貴子氏、しおがつおについて熱い想いを語って下さった西伊豆の芹沢安久氏、スローフィッシュにふさわしい、日本古来の 水産を大切にして生活と文化に取り込んで来た長い歴史の中に和食文化と日本人の感性とそれに育まれた食の多様性がここのシンポジウムから感じ取れました。 また、私たちの関わるコンブとブルーカーボンの活動や商品化などに共感して頂きスローフィッシュ部会に招待され、一員となりました。

横浜開港記念 横浜セントラルフェスティバル Y159

5月26日(土)・27日(日)
元町商店街のフランスエリアで出店、霧笛楼様のブースで『ハマクネル』販売致しました。
地元から信頼も厚い霧笛楼のブースには今平総料理長自らお客様にサービスして頂いたことも あり、大好評で両日で420セット完売致しました!
多くの方々が異口同音に「ハマクネル ?」「初めての食感」「はじめての味」と 横浜新フードの予感...
横浜開港記念 横浜セントラルフェスティバル

第6回横浜市ブルーカーボンシンポジウム

横浜市温暖化対策統括本部からブルーカーボンのためのコンブ計画養殖を行ないながら、CO2マーク普及活動の企業として紹介されました。

2017 東京湾第感謝祭

10月21・22日
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 桑江博士グループ、八景島シーパラダイス、横浜市温暖化統括本部と共に『ブルーカーボン・プロジェクト』共同ブースとして参画しました。
桑江グループは水槽にアマモを入れることで酸素量を見える化して下さいました。
目を見張る数値が出ていた事に驚かされました、同様にコンブにも大きな期待を寄せられそうです。

海藻シンポジウム

12月9日
藤沢市と片瀬江ノ島漁業協同組合主催で行われている『海藻シンポジウム』にブルーカーボン・コンブプロジェクトとして参画、種付けと収穫等の体験ができる。タッチプールで触って、ランチでは海藻シャブシャブを海の幸の料理と親子で楽しむ。

横浜八景島シーパラダイス 『横浜金沢・クラフトビール&グルメフェスタ』

2017年10月7~9日
コンブの利活用商品『グリッシーニ』と『クネルサンド』のテスト販売が行われました。

横浜・鎌倉スローフード協会 シンポジウム 参加

3月18日・7月15日
弊社スペースで行われた横浜・鎌倉スローフード協会主催「スローフィッシュ」主産物をスローフードの視点で現場や流通等各ジャンルパネラーから最新の水産事業の様子が報告されました。
また、イタリヤで行われるスローフード交際フェスティバルへ参加する学生の支援も行われた。

横浜港大さん橋マルシェ

2月18・19日 入場者動員数(2,6,000人)3月11、12日(22、000人
5月27、28日(35,000人)実行委員としても参画、多くの人たちに生のコンブに触ってもらい、コンブ加工食品を堪能して頂いた。